4分間のマリーゴールドの主題歌はあいみょん?宇多田ヒカル?

10月スタートのTBS金曜ドラマ『4分間のマリーゴールド』。

今回は、ドラマ『4分間のマリーゴールド』の主題歌を歌うのはどのアーティストなのかを予想してみたいと思います。

『4分間のマリーゴールド』の主題歌は誰?あいみょん?宇多田ヒカル?

4分間のマリーゴールドの主題歌は誰なのか予想していくのですがそもそもドラマの主題歌は、どのように決まるのでしょうか?

大体、ドラマの内容に合った歌詞や曲調のものが採用されていますが、主演俳優の本業が歌手である場合は、主演俳優が歌う、ということになっているようですね(‘ω’)

『インハンド』では主演の山下智久さんが歌いましたし、フジテレビの『ストロベリーナイト・サーガ』では亀梨和也さんが歌いましたよね。

曲もドラマに合ったメロディラインになっていました。

では、今回の『4分間のマリーゴールド』はどうでしょう?

ドラマの内容から言うと、

バラードかミディアムテンポの曲
歌詞が切ない感じ
やさしい印象か、希望を持てる印象の歌声

ではないかと思います。

こういう曲が得意なアーティストは誰かという視点で考えてみました。

私が色々調べてみて予想したアーティストはこの3組です。

主題歌予想1:宇多田ヒカル

このドラマは、触れた人の寿命が見えてしまう救命士が主人公です。

しっとりしたメロディラインの曲になるのではないかなと思うのですが、宇多田ヒカルはしっとりしたバラードも、男性目線の詩も得意なアーティスト。しんみりしすぎないミディアムテンポの曲も彼女はお得意ですよね。

義理の姉を好きになるという切ない恋物語であることからも、彼女の世界観はうまく生かされるのではないかと思います。

以前、『HERO』の主題歌を担当した彼女。この頃はCMにもよく起用されていますし、そろそろドラマの主題歌を担当しそうな予感もします。

主題歌予想2:レディーガガ

上述したように、このドラマは義理の姉に恋する主人公がメインで、家族の物語でもあります。

愛する人に迫る死期を思いながら、家族としてどう接してゆくのかが見どころでもあります。そういった切ない愛について歌わせるならレディーガガではないか、というのが理由です。

ガガは2016年にオリジナルアルバム『Joanne』発売以降、映画出演やサウンドトラックの発売などで忙しく、オリジナルアルバムを発売していませんし、そろそろ新曲を日本のドラマに使ってくれてもいいのではないか、という個人的なファン心理もあります。

主題歌予想3:サザンオールスターズ

ここにサザンか!と意外に思われる方もいらっしゃると思いますが、冬ってサザンもしくは桑田圭祐さんの活動時期だなって思っているのは私だけでしょうか?

冬に向かうこの季節、桑田さんはソロで楽曲発表をよく行っていることや、サザン自体もライブツアーが終わって少し間があいていること、ドラマの内容がサザンが得意そう、というのが理由です。

マリーゴールドのこっくりした黄色が、サザンの曲に合いそう、というのもあります。なんとなく、ゴッホの絵のようなくっきりこっくりした色が合う曲が使われるのではないかということや、しばらく聴いてないということでサザンを推してみます。

その他で言うと、あいみょんもSNS上ではこのドラマの主題歌を担当するのではないかと話題ですよね。

大人気で夏のクールでも火曜ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン』の主題歌を歌ったあいみょんですが、彼女には『マリーゴールド』というタイトルの曲があるのです。

でもこれは、発表されたのは2018年なんですよね。紅白歌合戦にもこの曲で出場していますので、ここでこの曲を使うということはないと思います。

また、意外なところでは菜々緒が主題歌を歌うのではないか、という予測がSNS上では話題になっています。2018年に公開された映画『シュガー・ラッシュ・オンライン』で歌唱シーンがあり、その美声が話題になったこともあります。

菜々緒自身はモデル・女優が本業ですが、最近では俳優である高橋一生さんが自身の主演ドラマ『東京独身男子』で主題歌を歌った例もあります。

今回は、主人公の相手役ということでかなり重要なキャストを演じますから、もしかしたら菜々緒が歌う、という可能性も捨てきれません。

4分間のマリーゴールドの主題歌予想!過去の同枠ドラマの主題歌は?

そういえば、過去のTBS金曜ドラマの枠での主題歌はどんな感じだったのでしょう?

前述したように、主演俳優が歌う、ということもあったようですが、ここでこの2年間の主題歌を振り返ってみましょう。

2018年

・1月クール『アンナチュラル』:主題歌 『Lemon』米津玄師
・4月クール『あなたには帰る家がある』:主題歌 『Fall』 Superfly
・7月クール『チア☆ダン』:主題歌 『輝きだして走ってく』 サンボマスター
・10月クール『大恋愛~僕を忘れるきみと』:主題歌 『オールドファッション』back number

2019年

・1月クール『メゾン・ド・ポリス』:主題歌『アゲイン』 WANIMA
・4月クール『インハンド』:主題歌『CHANGE』 山下智久
・7月クール『凪のお暇』:主題歌『リブート』 miwa

2018年1月クールの『アンナチュラル』の主題歌『Lemon』は本当に大ヒットを飛ばして、紅白歌合戦にも出場しましたよね。

ドラマの主題歌になると、どうしても聴く機会が増えますのでヒットしやすいというのはあるのかもしれません。

逆に言うと、ヒットメーカーが主題歌を担当する、ということも言えるのかもしれませんね。そうなると、今回の予想はあなあちハズレてもないのでは…と思っています。

『4分間のマリーゴールド』の原作漫画は?

『4分間のマリーゴールド』は、キリエによる同名漫画が原作です。

小学館から刊行されている全3巻の作品で、2017年24号から2018年10号まで雑誌『ビッグコミックススピリッツ』で連載されていた全27話の作品です。

この作品は、小学館の新人コミック大賞(青年部)を受賞した名作ですが、どんなお話なのでしょう?

主人公は、福士蒼太演じる花巻みこと。

彼は救急救命士として3年目になりますが、救急救命士でありながら、ある日、手を重ねた相手の〝死の運命″が視えてしまう能力があることに気付きます。その彼が、菜々緒演じる義理の姉・沙羅との禁断の恋をする物語。

みことは、父の再婚相手の連れ子である兄・廉(演じるのは桐谷健太)と、姉・沙羅、弟・藍(演じるのは横浜流星)とともに暮らす25歳。

つまり、みことだけが血がつながっていない家族なのですね。

母はフリーカメラマンでほぼ不在。花巻家は義兄・廉が家族の大黒柱となっており、沙羅が一家の精神的支柱となっています。

ある日、みことは自分の特殊能力があることに気付きますが、その未来は救急救命士たちが生死を分ける4分間に、どう手を尽くしても変えることができない現実となります。

救急救命士でありながら、そうした死の運命を視てしまうことに葛藤するみことですが、ある日、一つ屋根の下で家族として暮らしながら、ひそかに恋している義姉・沙羅が1年後の28歳の誕生日で死んでしまう運命であることを視てしまいます。

みことは、愛する人の残りの1年間、沙羅の幸せを全力で守ることを決意するのですが…?

人の命を救うことが仕事であるみことが、死の運命とどう向き合ってゆくのか、その運命の前で何ができるのかを問うストーリーです。

私はまだ原作を読んだことはないのですが、書籍としてのレビューは高評価で、Amazonで☆7つを記録しています。

作者のキリエは、姉妹2人で作品を作り上げているので、女性ならではの優しいタッチと細やかな心情描写が持ち味の作家さんです。

沙羅を失うことは、花巻家の精神的支柱を失うことでもあります。死因についてはまだ明らかになっていませんが、母がいるとはいえ男だらけの家から太陽のような女性がいなくなるというのは、相当なダメージが予想されますよね。それを知っているのはみことだけで、彼は紗羅を女性として愛しているわけですし。

みことの葛藤と、あたたかい家族がどう彼の苦悩に寄り添うのか。

新人コミック大賞を受賞したこの作品が、ドラマでどんな風に描かれてゆくのか楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です